器材クリーニング!


こんにちはー!ひろたんです^ ^

ダイビングをしていると、どうしても器材が汚れてしまいますよね。ちゃんと洗ったつもりでも、よく見てみると塩がこびり付いていたり、細かい砂が残っているものです…

 

そう言った汚れは器材の不調に繋がります!

マスクが曇りやすくなったり、

ライトが水没したり、

金属部分の腐食など…

そういった事を予防するためにも、器材は出来るだけ綺麗にしておきましょう!

 

今回綺麗にするのは『マスク』です!

無くてはならない器材の1つです。

よく使う分、隙間に砂が入り混んだり、レンズが汚れています。顔に直接つける物なので、やはり綺麗にしておきたいですよね♪

 

用意する物は以下の通りです。

・マスク (今回はGULLのマンティス5)

・中性洗剤 (食器洗いのやつでOKです)

・使わなくなった歯ブラシ

・水を張るオケ

・マイナスドライバー

 

では早速、マスクを分解!

分解しなくてもある程度は綺麗になりますが、分解した方が細かい汚れも落とせます。

私が使用しているGULLのマンティス5は、マイスナスドライバー1本で簡単に分解できます。

マスク上部のネジを外し、

側面にある溝にマイナスドライバーを突っ込み、ドライバーを上に持ち上げるとフレームが外れます。

分解するとこんな感じです。

 

まずはシリコン部分(スカート/ストラップ)から。

水垢や細かい砂がこびり付き、とても汚れていました。少量の洗剤を溶かしたぬるま湯につけ、歯ブラシ、または指でゴシゴシ!

なかなか汚れが落ちないので、5~10分くらいを目安にしっかり汚れを落としましょう。

 

次はフレーム。

こんなところまで汚れています。

洗い方は先程と同じ。強いて言うなら、しつこい汚れには歯ブラシがおすすめ。指だと少し落とし難いです。

 

最後にレンズ。

少量の洗剤をつけ、歯ブラシでゴシゴシ。両面とも洗います。歯ブラシでやると傷が付くかも、と心配の方は、スポンジを使ってみて下さい。

すべて洗い終わり、洗剤などもしっかり洗い流せたら、水気を拭き取り、組み立てます。

ピカピカになりました!

こうやって自分でお手入れしてあげると、器材に対して愛着が湧いてくるし、自分でやったという達成感も味わえます!

 

PADIのSPコースには『器材』SPというものがあり、器材メンテナンスの仕方、保存方法などが学べます!

器材を長く使いたい、器材の仕組みが知りたいという方におすすめのSPコースです。

興味のある方はぜひ!