シャーク☆ニュース


こんにちはー!ひろたんです^ ^

ナショナルジオグラフィックの『サメ特集』は見ましたか!?

とても面白かったですね♪

イタチザメやニシオンデンザメなどなど、

色々なサメが登場して胸熱でした!

来週も目が離せません!!!

 

さて、今日はサメ熱に当てられた僕が語る、

身近な『サメ』についてです!

写真のサメは『ネコザメ』です!

水族館のタッチプールや、

ダイビングでも馴染みの深いサメですね^ ^

成長すれば1メートル程になる小型のサメで、

目の上の凹凸や顔つきが猫に似ている事から、

ネコザメという名前がつきました!

 

ネコザメを詳しく分類すると、

ネコザメ目・ネコザメ科・ネコザメ属のネコザメとなります。

何回ネコザメを連呼するんだって感じですね(笑)

 

学名では「Heterodontus japonicus」と呼び、

Heterodontus」がネコザメ属を表し、

japonicus」が日本の、という意味です。

つまり、このネコザメは日本で見つかった種類です!

因みに、ネコザメは現在9種類見つかっており、

日本では他に『シマネコザメ』が見られます!

 

ネコザメは夜行性で、日中は岩陰や海藻に隠れ、

夜になると活動を始めます。

ダイビング中、岩陰で休んでいるネコザメを

見たことがあるかもしれませんが、

そのネコザメはきっと寝ている最中です!

そっと寝かしてあげてください!(笑)

 

また、ネコザメには鋭い歯がありません!

その代わり、硬いサザエを砕く強いアゴを持ち、

貝や甲殻類を好んで食べるグルメなサメです(笑)

上の写真はネコザメの顎の標本です。

乾燥して歪んでしまっていますが、

獲物を噛み砕くための独特の歯が並んでいます。

 

産卵期は春頃で、一度に2個の卵を産みます。

一見、卵には見えませんが、これが卵です(殻)

スクリュー型などと言われていますが、

生で見るとメカブに似ています(°▽°)/

この卵は、約1年をかけて成長し、

1520センチくらいの赤ちゃんが孵化します!

 

普段、ダイビングで見ているネコザメですが、

調べてみると色々な発見がありました!

好きな魚、興味のある魚などを調べ、

実際にダイビングで見に行きましょう!

ご予約、リクエストお待ちしております!