EFR(救急救命法)コース

EFR(救急救命法)コース

Emergency First Response

人工呼吸やCPRなど日常でも役立つ情報満載。
医師のいない場で、もし「心停止」や「呼吸停止」で人が倒れたら、最初の数分間に何が出来たかで、その後の事故者の全てが決定されてしまいます。
フィズの「エマージェンシーファーストレスポンス」(EFR)コースは国際蘇生連絡委員会の基準に基づいた、世界で最も革新的なCPR/ファーストエイドプログラムと、患者の心臓に電気ショックを与える装置であるAED※(自動体外式除細動器)の使い方を身につけます。
目の前で起こった事故に対し、他人任せでは無く、誰でも少しでも「命を救う手助け」が出来るために、そして医療技術が進めば進むほどそこに居た人の初期ケアの技術が大切になってきます。
また、レスキューダイバーコースの参加前条件にもなっていますので、是非受講していただきたいと思います。
※AEDは、2004年7月から一般市民による使用が認められました。

コースの内容

クラスルームのみ
※EFRコースはリクエストベースで開催しております。受講希望の方はご相談ください。

価格と参加条件

受講価格:¥23,000–(税別)

申請料(¥3,500-(税別))別途
■参加条件:どなたでもご参加いただけます